社会人サークルと習い事がコラボした料理教室

大阪料理教室フレンズ>おいしいハンバーグの作り方

おいしいハンバーグの作り方

女の子に作って欲しい手料理ランキングというアンケートをすれば、必ず上位に入ってきそうな料理、それがハンバーグです。あの口の中に入ったときの肉の旨み、そしてあふれる肉汁・・・あ〜たまらん!想像しただけでお茶碗3杯はいけそう(^_^)

ぼくはハンバーグを作るのが得意な女の子に悪いやつはいないと思っています。田舎のおばあちゃんも確かそんなことを言っていました。

ということで、ここではハンバーグをおいしく作る方法について書きたいと思います。

ポイント1
手作りの挽き肉を使ってみよう!
通常はスーパーに売っている合い挽き肉を使ってハンバーグを作ります。ですが、1度手作りの合いびき肉を使ってハンバーグを作ってみてください。おいしさアップは間違いなしです。

合いびき肉を自分で作る場合、市販の薄切り肉を包丁で玉ねぎのみじん切りを作る要領で細かくしていきます。お肉の食感を残したい場合は、少し大きめにお肉を切ります。

スーパーの合いびき肉は牛と豚の肉を混ぜたものです。一般的においしいハンバーグを作るとき、牛と豚の割合を7:3にすると良いといわれています。

同じようにマーボー豆腐を作るときも、挽き肉を使わずに豚のロース肉を使い、自分で挽き肉を作れば、お肉の旨みがアップしておいしいマーボー豆腐ができます。

ポイント2
肉の温度を上げない
玉ねぎをいためた後、すぐに挽き肉と混ぜていませんか?また温かい手のまま混ぜていませんか?

料理は愛情でおいしさが変わると言います。
肉を愛してください!
肉を崇拝してください!
おでこに肉とネームペンで書いてください!
きっとあなたに幸せが訪れます(m ̄- ̄)ノ

愛情が肉に伝わり、おいしいハンバーグが出来上がります。玉ねぎを狐色に炒めたら荒熱をとり、そして挽き肉と混ぜます。挽き肉、卵、玉ねぎのみじん切りを混ぜるときも、手を冷やしてから粘りがでるまで混ぜてください。

ポイント3
塩、コショウは焼く直前に入れる
塩やコショウを入れて、時間を置くと、お肉から水分がでて水っぽくなります。ハンバーグは焼く直前に塩と胡椒で味を整えてください。